保育園、幼稚園の植栽に簡単便利な「花マット」

施工も簡単なので、大きな面積でもお手軽に導入できます。

グランドカバープランツに最適とされる「イワダレソウ」をロールマット化した「花芝生」です。
イワダレソウは、背丈の低い草本で乾燥に強く、密生する性質を利用して雑草防除に活用されています。

近年では、法面緑化やヒートアイランド対策として屋上緑化にも新しい緑化材として注目を浴びています。
本商品は、兵庫県農業技術センターとの共同開発の商品です。

  ・1cmほどの厚みのマットになり、他の雑草の発芽を抑制しますので、ほとんど手入れが要りません。
  ・春から秋にかけて白っぽい小さな花が一面に咲きます。
  ・種子ができないので、周辺にやたらと広がることはありません。
  ・夏場の高温乾燥や冬の低温にも耐え、生育旺盛な多年草です。
  ・病害虫の発生が少なく、農薬防除のいらない環境にやさしい植物です。
  ・スリ切れ、踏圧にも強く再生が早いのも特長です

 ・新根が出るまでの期間(2週間程度)は、極度に乾燥しないように、降雨状況を見ながら回潅水すると、

  非常に活着がよくなります。

 ・部分貼り付けを行った場合、「あわじ花マット」が前面を覆うまでの期間(3週間程度)は雑草が繁茂しないように

  除草をすると、非常に美しいマットが出来上がります。

 ・マットが全面を覆った後に「あわじ花マット」が不要な部分にまで伸びていく場合があります。

  その場合には伸びすぎた部分をカットします。

 ・水田のり面に貼り付けた場合は、水田に入り込んだ茎がすき込まれると、畑状態では発芽して伸長しますが、

  湛水状態では窒息してかれてしまいますので、水田雑草化する心配はありません。

Copyright All Reserved by Yoshikawa Co.,Ltd since 2011/04/01